読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴッホとゴーギャン展

ゴッホゴーギャン展に行ってまいりました!

場所は東京都美術館。上野!f:id:noguchiyo06:20161016224600j:image

 

ゴッホゴーギャンは度々きているし、

ゴッホの個展はわたしが小学生のころ、ゴーギャン個展は高校のころにきてどちらも見に行ってとても感動しました。

わたしが絵画で感動したのは、ゴッホ夜のカフェテラスを見た時が初めてでした。

平面のものに、こんなに心揺さぶられるなんて!

どんどん絵画鑑賞にはまっていったきっかけです。

 

見なくては!という謎の使命感?でいってきました。

今回は、ゴッホゴーギャンがそれぞれ目指したものっていうのがコンセプトみたいです。

ゴッホゴーギャンはポスト印象派という分類に入る画家で、ポストというのは後の、という意味らしいです。

ルノワール、モネの印象派に影響を受けた後期印象派の画家がゴッホゴーギャン

ゴーギャンはそれからナビ派っていうくくりに含まれるらしいけど、このナビ派ってのはイマイチわからんので説明しません笑

ゴッホは1890年に亡くなり、ゴーギャンはその11年後に亡くなるのでそのあとのもっと自由な芸術をみたら、どう思うのかなあ。

 

そもそも、ゴッホの弟、画商のテオがゴーギャンとビジネスパートナーだったみたいでそこつながりでゴッホと共同生活したみたいですね。

(その共同生活も、たった2ヶ月で終わってしまうんですけども。)

 

ゴッホとテオの伯父が画商でゴッホも七年半働いてたけど、クビになってしまったみたい。

ゴッホの人柄においてはすぐ癇癪を起こすっていわれてたし、後半は病んでいたし、まさに繊細な芸術家なんだなって思いました。

 ゴーギャンは、もともと銀行員をしながら絵を描いていたけど、のちに画家になる決意をしたみたいです。

彼はのちに原始主義に傾倒して文明の発展を遠ざけてタヒチに移住します。

わたしの記憶が正しければ、奥さんとか子供置いてっちゃうんだよな、なかなか勝手な男だぜ。。まあゴーギャンタヒチいってくんなきゃ後世でこうやってわたしが彼の作品を目にすることもできなかったんだけどね。笑

 

 

この展示では、ゴッホ肖像画がたくさんあって

今まで有名なひまわりや、精神病院から見える糸杉の木の絵や代表的な風景画のイメージが強かったので新鮮でした。

肖像画からみるに、ゴッホは人の印象をすごく繊細に捉えてるんだなって伝わりました。

肖像画はどれも暖かみがあって、ゴッホが好意をもってるって伝わるから、彼は難しいひとではあったけど人ぎらいではなかったんじゃないかな。

 

ゴッホゴーギャンから、想像や記憶からイメージを膨らませて描くところに影響を受けたみたいです。

たしかに、ゴッホの絵はゴッホからみたありのままの風景、人物の印象から描いてるような気がします。

これは新たな発見でした。

ゴッホはこれでもかって絵の具を重ねて重ねるタッチ、ゴーギャンはマジックで描いたような、薄く広げた塗りのタッチで、2人はたった2ヶ月ぽっちの共同生活を芸術の価値観の違いで別れてしまうんだけど分かる気がしました。

 

対照的なゴーギャンの絵は、すごく物語性があって想像力が掻き立てられます。

ゴーギャンタヒチにいってからより哲学的なるし、宗教色も強くなる(胎児のポーズの絵や、輪廻転生を思わす絵もある)からすごく、深く描くひとなんだなって思いました。

 

この展示、最初は壁紙が水色でえっなんで水色?って思ったけど、最後のブースではゴッホは黄色、ゴーギャンは赤って分けられててなかなか象徴的で面白いなって思った。

しかもゴッホの黄色はレモンカラーのようなほんとにゴッホ色で、ゴーギャンは彼が好んで描いていたタヒチの女性が着ていた民族衣装のような暗い赤。

演出もとても素晴らしかったです。

 

素晴らしかったのは作品だけではありません。

f:id:noguchiyo06:20161016232024j:image

 

トートバッグ!可愛くないですか?しかも千円!やすい!しかもマチつき!便利! 

ゴッホ

f:id:noguchiyo06:20161016232701j:image

ゴーギャン

f:id:noguchiyo06:20161016232651j:image

 

ここでは仲良くお二人共演。

展示もよかったし、物販もよかったし大満足でした。

 

ところで、わたしがニューヨークにいた時の話。

友達と「ひまわり」の話になり、友達が画家の名前誰だっけ?ド忘れしたわーと言っていたので、わたしがフィンセントファンゴッホだよ!って言ったら友達???って顔してて

あれ?ヴィンセントか?って思ってヴィンセントファンゴッホ!!って言っても通じない。なんで!?って思って画像検索したら

友達があーー!この人ね!って言ってゲラゲラ。

え?なに?あってるでしょ?って言ったら

「多分ね、あなたそれ日本語読みだよ。英語ではヴァンゴっていうの(Van Gogh)」

 

なんと!!!

全然違うやんけ!!

っていうわたしのゴッホにまつわる思い出。笑

日本語のご親切な発音、読み修正は確実に国際化から遠ざけてるよね。笑

たとえ発音が難しかって、乗り換えないといけないんだよ。。フェルメールも全然違くてびっくりしたっけな。。笑 

 

 

 

Oct 1

今日でNHKとと姉ちゃん終わりました〜

ずっと見てたのでちょっとさみしくなりますね

とと姉ちゃんこと常子は、戦前生まれで、戦争を経て、雑誌の「あなたの暮らし」を創刊したひと。

 

わたしが大好きなシーンは、常子の初恋の星野さんが関西へ行ってしまうシーン。

前日星野さんはプロポーズするんだけど、常子は家族のために残らなきゃいけないから断ってしまう。

旅立つ日、星野さんは汽車に乗るときにキョロキョロ常子を探すんだけどお見送りに来てなくてだめかーって落胆して汽車に乗って窓を見たら

常子が川沿いに立ってて、汽車が通る時に深くお辞儀する。

もうここで号泣(T_T)

 

そのあと、常子が家に帰って一階でみんなが談笑してるのに、常子はそのまま二階に上がるんだけどお母さんだけ様子を察して二階にあがって

お母さんが常子を抱きしめて

「ここなら、誰にも見られないわ。」

って言う

さらに号泣(T_T)

 

星野さんとのお別れシーンは、常子の思いやりが出てるし

母と常子のシーンは常子が長女としていつも気丈に振る舞うことを知っていて大丈夫?と言ったり辛かったら泣いてもいいよと言っても泣かないんで、母は常子の性格良くわかってんなーーっていう描写でした。

 

 

あと、雑誌編集長の花山さん。

わたしはこの登場人物が好きだった。花山さんは常子が別の雑誌で働いてた時に、出会った人なんだけど挿絵もできるし記事もかけるすごい才能ある人なのにめっちゃ気難しい人。

戦後花山さんを常子とスカウトして雑誌を創刊することになる。

 

思い出深いセリフは最後に

「常子くん、僕が君に感謝を伝えるには原稿用紙何枚必要だろうか。」

(T_T)(T_T)

 

そういや、まえわたしはとと姉ちゃんの主題歌の話をしたとき、好きな人が結婚しちゃう歌なんじゃないかって言ったけど、あの曲は、宇多田ヒカルが亡くなったお母さんに捧げた曲みたいですね。笑

 

とと姉ちゃんの主題歌として聴くと、星野さんからみた常子、常子から母、花山さんから常子

っていう曲に感じるんだよね。だって、もし母だけにささえる曲だったら二人称を「君」って言わないし一人称も「僕」にはならないんじゃないかなー。

エピソードによって視点が変わるってほんと宇多田ヒカルはすごいなあー!

 

歌詞で

"毎日の人知れぬ苦労や淋しさもなく

ただ楽しいことばかりだったら

愛なんて知らずに済んだのになあ"

ってあってここ好きなんだけど、宇多田ヒカルってやっぱ辛いことがあってこそ愛情が生まれるって価値観持ってるんだろうね。

 

わたしはアダムとイブの話が大好きで、宇多田ヒカルの曲のGoodbye happiness を聴いてからいつもその話を思い出すんだよね。

アダムとイブは楽園に住んでたけど、蛇にそそのかされて知恵の実を食べて自分たちが裸だって気付いてイチチジクの葉で隠す

それで神様は二人に苦しみを与えて楽園から追放する

 

この話って悲劇だとか教訓とは思えない、やっぱり知らないと、喜びって生まれないし楽しいだけじゃ深みもないし。

宇多田ヒカルも、きっと食べて正解だと思うって言いそうだな笑

 

ニューアルバムさっきダウンロードして聴いてるけどとってもいい!

クオリティはもちろん高いんだけど今までのアーティスト!って感じから庶民に下ってきたって感じ。

 

真夏の通り雨の歌詞で、

"ふりやまぬ 真夏の通り雨"

ってのがあって、通り雨なのにふりやまないって表現すごいなーって思った。

この曲は対極な表現がでてきて面白い

夢と目覚め、過去と未来、誰かとあなた、若葉と木々の芽吹き、見送り人と影

 

"思い出たちがふいにわたしを乱暴に掴んで離さない"

っていう歌詞と通り雨っていうタイトルから、悲しみや後悔のフラッシュバックがいつもおきてる様子かなって思った。

これはバリバリお母さんに宛てた曲だろうなあ。

でも何回聴いてもその都度解釈ができそうだなって思った。

 

この曲は間奏のベースとピアノのところが水面の波紋みたいでとっても綺麗だし淋しげでいい曲だなー。

夏なのに淋しげっていうところもいいなー。ああ夏が終わったーつらい。

 

まとまりなくなったのでこの辺で。

 

(^_^)

 

August 18

芥川賞を受賞した、村田沙耶香作「コンビニ人間」読みました。

面白いと話題で読んだら久々の一気読み!!

内容は36歳でずっとコンビニバイトをしていて36年間彼氏がいない主人公がコンビニで働きながら変な人に絡まれたりする話。笑

私はあらすじを書くのが苦手なので、気になったらアマゾンとかで、ね笑

見てみてください。

 

主人公はとにかくへんなひとなんだけど、人と違う自分に格闘して、けれど人と自分に何が違うのかわからないからコンビニのマニュアルで安心してその通りに仕事をする。

人間らしさといわれる愛情や欲がないから親にさえ病気扱いされてしまう。本人にとっては全てが普通のことなのに。

 

最初、読んでる時にあーこういうのかわるなーと同感だったんだよね。

例えばちょっと変わってると思われたら根掘り葉掘り聞いてくる人とか 

わたしもアルバイトをしてたときなんかは、夢追うフリーターという肩書きにされてて

目標のためもあったけど、好きなことで働きたいからいるだけなんだけど、、ってよく思ってました。

アルバイトはずっとやってちゃいけないんだってことと、とにかくみんなというか世間は肩書きが好きらしいというのを学びました。

 

そういう感じであーバイトあるあるーと思って読んでたらそのうち白羽さんという口を開くと文句しか言わない、コンビニに婚活をしにきたというとんでもなくコミュ症な男性が現れて、これもなかなか個性的だったんだけどこの白羽さんがまるで汽車の燃料のように物語が思ってもみない、まるで最初共感したものとは違うものに加速していって、結末は予想とは違う終着駅につきました。笑

 

最初は主人公のおそろしく合理的なところにあーわかるー無駄だよねーってなるんだけど、あれそれも?えっこれも?てどんどんついていけなくなる。笑

親近感があったものが急速に温度がなくなって無機質になっていく感じがしました。

 

 

 

 

最近、人って多面的だなと思う。

例えばわたしの友達でちょっと恋愛にだらしないというか、たくさんの男性と付き合っている子がいるんだけど、でも性格はとっても良い。

わたしなりに、その子と恋愛の話なれば意見は言うけどその子の恋愛が悪だとは思えない。

もし、その友達のことを恋愛の面だけで全てだと思ったらその子は悪い子なのかもしれないけど他の面ではとてもいい友達で別人格でもなく、どちらもその子の一面に過ぎない。

そう思うと、わたしに見せてくれてる面がいいならそれでいいじゃないかと思う。

 

ダイアモンドみたいにどの面もキラキラしていたら眩しくて近寄れないけど、陰陽があるからどちらの面も覗きたくなる、人格や人柄ってそういうもんだと思っています。

 

最近というか去年から不倫、浮気騒動がとてつもなく多くてわたしはどうしてその一面だけでどんな人か判断するか、とても不思議です。

わたしが大好きなウッディアレンという監督は人としてはあまり良くないかもしれないけど監督としての作品はとてもいいし、わたしにとっては「好き」でいいし悪い人間じゃない。

だけど最近は鏡のように一面だけみて良い、悪いを決めてしまう。

 

永六輔のコラムで、「テレビは裁判になってはならない」と書いてあってその通りだなと思った。

法治国家なので、罪を犯したら当然裁かれるけど恋愛や、その人がどんなに世間とズレた価値観を持っていても、大勢がその人を悪だと一致団結して叩くことはあってはならないことだと思う。

 

それで話は戻るけど、このコンビニ人間の主人公は変だけど、この人が変なのは人格が一面しかないからだと思うんだよね。

絶対的な価値観があってそこから無駄か無駄じゃないかを見る。

だからまっさらで合理的すぎて人間じゃないと言われる

 

でもそれって世間がいま、望んでる浮気も不倫もしない人として清潔で欲のない仏みたいな理想像なんじゃないかなって思った。 

ミニマリズムの極限みたいな。

コンビニ人間を読んで、変だと思うけど今の世の中こういう人が望まれてんじゃないかなーって思ってちょっと不気味だった。

 

この本を読んだらみんなどう思ったんだろう、そういう意味でも人におすすめしたい本です。

 

 

 

 

July 2

Sometimes I feel that a great book calls me and I buy it unexpectedly.
I like reading books at the book cafe near my house.
It one of my favorite spots.
Although I never felt nostalgia for Japan,The cafe sometimes reminds me of when I was in Ny.
 
When I was in the cafe,I found the book which is about Georgia O'Keeffe.
Some books,kind of art books,photo book are prohibited by the cafe,so I used to read the book in cafe.
 
One day, I was supposed to read the book,but I couldn't find it.
I thought what's happen!?
Suddenly I asked for the staff.
She told me  stuff changed to arrange on the bookshelf after few days.
Because the bookshelf are used as art space.
That's why I couldn't find the book which is Georgia O'Keeffe.
 
We can't help it,so I tryed to read another book until end of the exhibition.
 
I found the interested book which is essey of Katagiri Hiri.
The author is really famous actor,but I hadn't known that she wrote books.
The title is Guatemala of my young brother.
Her young brother seems to live in Guatemala,but she hadn't known where her brother were in before.
I got into her,so I started to read the book.
I really enjoyed reading about it.
Sometimes It became sort of funny show,and impressed to me.
She is really good at writing a essay.
 
Her essay says,when my brother still was in Japan,he was calling to his friend,and he said
"I really like taking off airport in Japan.
She heard  and understood  why he crazy about living foreign country.
 
I can understand feeling as him.
As long as you aren't really like Japanese food,you can live another country absolutely.
 
In my case,I don't care about food.
That's why I never miss Japan.haha 
His wife is good at cooking,so he never feels sad.
 Food is very important for life.
 
 
 
 
 
 
 

Impression May 18

物の捉え方ってひとそれぞれだなあと思います。
ベートーヴェンピアノソナタ「悲愴」という曲について、この曲は悲しみに暮れていて、幸せだった頃を思い出しているんだと思っていました。
が、うちの母は悲しみを乗り越えて一歩踏み出したところの曲だと言ったのです。
一見似ているけど、nowとwasは全然違います。笑

クラシック好きなひとは、どの演奏家がいいだの指揮者がいいだのこだわりがあるみたいですが、わたしは単純に曲が好きで聴いています。
強いて言うなら、カラヤンモルダウと新世界は好きかな。というかうちにあるCDがそれだからってだけなんですけど。笑
昔祖母が元気だった頃、叔母とひたりでカラヤン指揮の来日コンサートを見に行ったことがあるそうです。
叔母はそのことをよく覚えていて、手が大きいひとだったっと言っていました。
大きい手で壮大に指揮しているところ想像すると胸が高鳴りますね。
彼が得意としたドヴォルザークはわたしも大好きで、「新世界」はチェコの音楽家である彼が、仕事で初めてアメリカ大陸に渡った時に書いた曲だとされています。
とにかくかっこいい、そして飽きない!
わたしは物語性のあるオペラや、モーツァルトとかあんまり好きじゃなくて、わりと近代のクラシックが好きです。
物語がないので飽きないのかなあって思います。
新世界9番を聴くと課題が捗ります。笑

物語を作らず、光と影をピアノで表現したドビュッシー
わたしは彼のピアノが大好きで、クラシックが聴きたくなるとまず彼の作品を聴きます。
リストもショパンも大好きなんだけど、甘い感じがしてドビュッシーのような普遍性は感じないんです。
ドビュッシーは白シャツみたいな感じ。どんな気分にもしっくりあってくれる。
そんなドビュッシーロダンの弟子であり、愛人でもあった彫刻家のカミーユの元彼らしいです!!
すごい時代ですよね。
当時の芸術家たちは後世に自分の交際遍歴まで残ることを意識していたのかな。笑
カミーユの作品は間違いなくドビュッシーに影響を受けただろうし、彼もまた、影響を受けただろうなと思います。
これは全く専門的な話ではなくただの感覚の、わたしの解釈の話なのですが
ドビュッシーは、リズムとメロディーの早さが違う気がします。
特に「月光」の途中の早くなるところ。
桜の花びらみたいに、花びら自体は速く回転しているけど、落下速度は遅いみたいな感じ。
前言った、宇多田ヒカルのbeautiful worldもそんな気がします。
なんでバラードではない、そんな曲だと落ち着くんだろうと考えたんですが、
人間の呼吸と心拍数も、意識と行動も、同じ体にあるのに早さが違う物なので、落ち着くのはむしろバラバラだからなのかなと思いました。

物の感覚、という話でわたしは小説家が女性であるか、男性であるかで表現がだいぶ変わると思っています。特に恋愛の描写で。
社会的な男女差はあっちゃダメだと思いますが、女性はホルモンの変化が激しいので男性と違いがあるのは当然だと思います。体の作りも当然あるしね。
このホルモンの変化というのが、表現の違いの理由だと思います。
ドラマチックだーーこれは男性には書けなかったであろうと思うのは
嵐が丘」、「悲しみよこんにちは」ですね。
どちらも大好きなんですが後者なんて、なんて情熱的でロマンチックなんだ!!(エロの描写のはなしではないです)こっぱずかしくなるほど!!
圧倒的に女性人気がたかそうな作品だなあ。
その中でも江國香織は冷静で淡々としているけど内側に情熱がある文章をかくし、吉本ばななは暖かい。
小説に温度を感じるのは女性小説家ならではな気がします。
ただ、これは例外で堀辰雄の「風立ちぬ・菜穂子」はサガンのような熱を感じます。読んだあと、こっちが照れます。笑

最近吉本ばななを読み漁り、今はなぜかヘッセを読んでいます。笑
一通りよんだら感想書きたいと思います。

宇多田ヒカル Apr 30

二週間前にニューヨークから戻りました!

最近朝ドラをよく見ています。笑
朝ドラはわたしの日本での習慣のひとつです。
そこで流れてきた曲は宇多田ヒカルの「花束を君に」。
これを聴いてそれまでAutomaticやFirst loveをカラオケで歌ってはいたものの、
もっともっと宇多田ヒカルを知りたくなり、最近ずっと彼女の過去の作品を聴いています。
 
この歌の歌詞で

始まりと終わりの狭間で 忘れぬ約束をした

っていうところがあって、たぶんこの曲は結婚する曲かな〜って予想したけど、なにが終わるの?ってずっと気になってました。
青春の終わり?ふざけあった日々の終わり?
でもそれって終わるもの?って疑問に思ってました。


歌詞全部見てびっくり!
妄想爆発で解釈すると、仲良い幼なじみがだれかと結婚してしまう曲なのかなあと!
じゃあ、始まりは「君」の新しい未来で、終わりは主人公の片思いの終わり、約束は君の結婚、、?

なにそれちょー切なくないですか、、?
でも

花束を君に送ろう

って歌詞はなんかしっくりこない気がするから(だって花束って花嫁がもってるものでしょ?)
もしかしたら「君」はどこか新しい場所にいってしまうのかも、、
忘れぬやくそくは、またいつか会おうねっていう約束なのかなあ?

妄想が捗ります!

何曲か聴いていくと、宇多田ヒカルの歌詞は憂いを帯びているものが多いことに気づきました。
でも基本的にその悲しみも肯定的です。
正直、受け入れざるおえないので諦めてる姿勢を感じます。。

だれかの願いが叶うころの歌詞とか辛すぎます。。
どえむは是非聞いてください。笑

初期の曲でTime will tellがあって歌詞が

泣いたってなにも変わらないって言われるけど
誰だって
そんなつもりで泣くんじゃないよね

ってところがすごいな〜〜って思うけど、なんとなく客観的で諦めてるとうか、
仕方ないじゃん感ありません?笑
 そういう、あんなヒットメーカーで天才なのになんでこんな寂しげなんだろうって彼女の世界観にすごい興味が湧きます。
もしかしたら、彼女が書く詞はネガティヴの要素を捉えるのがうますぎで、後につづくポジティブな詞が負けちゃってるのかもしれません。

Goodbye Happinessも、前向きな歌だとは思うけど
過去の決別の部分が濃すぎて結果的にすごーく切なく感じます。
光とかも好きなんだけど、なんか切ないんだよなー!理由はわからない!笑


あと、彼女が天才だなーと思うのはメロディーセンスです。
Movi'n on without youとか、特にbeautiful worldは脱帽です。。
でもね、beautiful worldはAirってアニメの鳥の詩に似てる気がするんだよなあ。
どっちがどうってのじゃないんだけど、疾走感がある曲なのに詞が少ないからメロディーがゆったり聴こえる、、気がする!笑
けしてスローテンポじゃないのに安らぐのは何故なんだ!!
どちらも大好きな曲です。
beautiful worldはピアノメロディーが特に綺麗で、宇多田ヒカル全部持ってんな!って関心してしまいました。笑


宇多田ヒカルのエッセイ買っちゃおうかな!
はまるととことんストーカー気質になります。
オススメの曲あったら教えてください。



Met Jan 17 2

I continue to write on Met.
early twenty century American's exhibition is beside MIddle Age.
It seemed to brighten up place suddenly when i went to it.
f:id:noguchiyo06:20160125103854j:image

How beautiful sculpture is!!!!
 Harriet Whitrey Frishmuth's works  "In Vine"

I noticed It depends on the viewing angle that i see the work.
First photo's view is look like girl or feminine man.

f:id:noguchiyo06:20160125103828j:image
This view seems to woman.
Lithe body.Just like" Vine".

Accouding to Wikipedia,She prefreed the model as dancer.
I got it why this is beautiful.
f:id:noguchiyo06:20160125103952j:image


great works.



When i walked in museum,i found out other great works.
f:id:noguchiyo06:20160125103849j:image
and
f:id:noguchiyo06:20160125103903j:image

f:id:noguchiyo06:20160125104029j:image


f:id:noguchiyo06:20160125104026j:image

The author is Jasper Johns.
I like he's sence of propotion which grayish colors,simple motif.
I seached him by internet after got back to home.


He is most famous artist in United States.
Have you seen this?

f:id:noguchiyo06:20160125105806j:image

Usually,we can see this in MOMA.(i saw before)
And this replica is desplayed on the wall in my school.
Even though i saw just "flag" i didn't care his works honestly.haha
Some times i happen to do this kind of miracle.
So,i don't spop to go museum,to see art.





By the way,It was blizzard the weekend in NY.

f:id:noguchiyo06:20160125103859j:image

I haven't seen a lot of snow except for ski resort.haha