読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Neue Galerie Dec.28

12月末にノイエギャラリーへ行って参りました。

ここはオーストリア、ドイツアートが中心に展示されてます。
1900年〜からの作品が多く
わたしの大好きなグスタフ・クリムトが展示されています!

わたしがグスタフ・クリムトと出会ったのは幼少期にイヤイヤ通いついにはなにも実らなかったピアノ教室(母ごめん)に飾ってあった接吻というレプリカでした。

f:id:noguchiyo06:20160103103215j:image

レプリカが大きかったのもありますが、すごく官能的でヌードやネイキッドの絵を見るよりもドキドキしたのでよく記憶に残っています。
みてはいけないものを見ちゃったというか堂々と見れない恥ずかしさを覚え、先生はどうして飾ったの?なんて思ったくらいです(笑)

そのくらい他にも恍惚な表情・作品を数多く生み出すクリムトの作品は、一時の甘美な夢を見せてくれるような気持ちにさせられるので、一度も見たことがなかったわたしはいつかはオーストリアへいく!という野望がありました。

が、アメリカにもクリムト作品がまさかあったとは、、笑(完全にリサーチ不足)
残念ながら接吻はオーストリアにあり、門外不出らしいですが有名なこの絵がありました!

f:id:noguchiyo06:20160103113548j:image

アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 

この絵、クリムトらしくキンキラキンなんです。ところどころシルバーだったりするんですが。
なので光が反射して少し見ずらかったです(笑)

わたしが他にクリムト絵画で好きなところは、パターンが面白いところです。
この作品にも細かく柄が施されています。

しかしこの夫人の青白さとクマは不健康そのもの、、とても細いし。
こんなゴージャスなゴールドの衣装にシルバーのアクセサリーを纏っているのにどうして不幸そうなんだろう。。
以下wiki参照です。

姪マリア・アルトマンの回想によると、彼女は「病がちで、特に偏頭痛に苦しめられており、ヘビースモーカーで、非常に華奢で、憂鬱症だった。顔立ちは理知的で、細長く、洗練されていた。傲岸不遜な性格で…常に観念的な思念を追求していた」。アデーレは1925年に髄膜炎で死去し、ウィーン・ジンマーリンク(英語版)地区の火葬場(ドイツ語版)付属墓地に葬られた。

なるほど、、ほんとに病弱だったのね、、
こんなこと言っては不謹慎ですが、わたしにはこの衣装は天女の羽衣に見えます。
もし夫人がもう少しふくよかで、肌もバラ色であったらこの浮世絵離れした世界観は作れなかったと思います。

そしてよく見るとこの女性の頬は少しピンクを帯びています。
夫人はクリムトの絵画を好み、よきパトロンだったみたいです。
きっとクリムトも夫人のことを好きだったんじゃないかな、と勝手に妄想しました(笑)


他にもクリムトの風景画が展示されていました。

f:id:noguchiyo06:20160103110418j:image

クリムトの風景画は点描画が多いですが、この構図の不安定さ、ちょっとセザンヌを思い出します笑(もちろんいい意味です。セザンヌも大好きです)

独特でなんだか心がザワザワするタッチで、うっとりさせる人物画とは全然違う印象を受けました。



他にもNYにはMOMAやMETにクリムト作品が展示されおり、見つけるたびにこれは夢なのか!という感動を覚えます。
こうやって断片的に見ているクリムト作品が、いつか長巻フィルムみたいにすべて年代で分かって、繋がるようにコンプリートして見ることが夢です。(いつかオーストリアへ!)




他にもドイツの近代アートの展示がされていました。
撮影禁止だったので画像はありませんが、、

シュールレアリスムよりの作品の写真やポスターが多かった気がします。

そしてわたしは初めて見ました。
ヒットラーレジスタンス作品を、、!
コラージュやポスターをみて衝撃をうけました。
日本もこういう展示やればいいのにね。今だ日本は過去の戦争のレジスタンス作品やむしろ戦争を助長させるポスターの展示をやりませんよね。
藤田嗣治戦争画は、近代美術館にありますが。
アートとは捉えちゃいけないだとか、様々な大人の事情があるのでしょうか。

知らぬが仏という言葉がありますが、わたしにとってはどんな形であれ当時こんな運動やアートがあったって発表することはとてもいいことだと思います。







なんと!作品は公式hpで見れました。ただし一部ですが。
小さい美術館ですがまた行こうと思います!







と、ふーやれやれと締めくくろうとしたところ

f:id:noguchiyo06:20160103113345p:image

次回の展示はムンク!?これは行くっきゃない!!!!