October 5

お久しぶりです。

すっかり日記を放置してたけど、今日から週1〜3日のペースで更新をしていこうと思います。


実は人生初の会社員をして来月で1年が経ちます。

つらい、やめたいー!金曜日きたーよっしゃー!!月曜行きたくないー!を繰り返してたら、あっという間に1年が経つ。

ぼーっとしてたら、ほんとに月日はどんどん過ぎてって、成長も日々感動したことも忘れそうなので記録として残してこうときめました。


もう一つ、今年の夏にADDと判明しました。

注意欠陥多動性障害というやつです。

比較的軽度〜中度の人は会社員として働き始めると気付く人が多いらしく、わたしもすごく怒られたとき(これがどんなことだったか忘れた)に自分おかしいかも、と気づいたパターンでした。王道です。


初めに、ネットに落ちてるセルフチェックをやったら、全部当てはまる。。気持ちいいくらい当てはまるやん。。何個かサイトをサーフィンし、やっても当てはまる。。

核心に変わって、すぐに病院へ予約→診断されました。


この障害(障害だと言いたくないけど)の人はスケジュール管理ができない、数字がわからない、人の話を遮って話し続けてしまう、話がまとまらない、すぐに忘れてしまう、飽きっぽい、じっとしてられない、すぐ感情的になってしまう、というところが特徴です。


こうやって聞くとそれ、誰でもそうじゃん、って思うかもしれないし、実際打ち明けた友達にも言われましたが、度を過ぎてる場合が多いんです。


実はわたし、ずっと人の誕生日と年齢を覚えられないんですが、それを普通だと思ってました。

誰々はいくつだ、とか話によく出るんだけど全くわからない。


あとは地図と空気本当に読めない。笑

計算ができない。


耳に入る情報が全然入ってこない。

人の話を最後まで聞けない。覚えられない。ボイスレコーダー持ち込みたい。笑


社会に出て、自分がこんなに能力の低い人間なのか、と打ちひしがれました。


今は月に一回診察にいき、薬を貰っています。

実はセルフチェックと病院へ行っただけでも疑っていた(自分は違うと信じたかったかもしれない)のでセカンドオピニオンというやつで、別の病院も行きました。

そこでも同じ診断。

これは認めざるおえない、、とのことで今は悲観的になるよりも、どうやったら仕事が回るか、人間関係うまくいくかを考えるようにしています。


工夫をしてみたり、本を読んでみたりして四苦八苦しています。


ただ、先生の話を聞いたりして知ったことは目から入る情報量が多く、記憶されやすいとのことです。

色とか、人とか。

今まで当たり前だと思ってたけど、そういえば人の顔は大体一度で覚えられるし、一度行った道も、初めて会った人の服装もネイルの色も覚えてたりします。

あと好きな映画のシーンも大体覚えてる(セリフは覚えてない)


ダメなところはたくさんあるけど、捨てたもんじゃないです。笑


あとは、自分がたくさんミスをする分、人のミスには寛容です。


最初、母に打ち明けた時にすごくショックを受けていました。

セカンドオピニオンに一緒に病院へ行き、すこし後ろでじっと座って話を聞いていたけど、診察が終わりに近づくと、堰を切ったようにこの子はまともな子だ、と話し始めたときはすごく辛くなりました。


でも、今では薬を飲むことに何も言わないしうまくやっています。


兄に協力を仰いだのも大きいかもしれません。 

母はわたしのことで困ったとき、必ず兄に相談するので、きっとこの件も障聞くだろうな、と予想してました。


兄もこういうことに詳しい仕事をしているので、障害といっても、十人十色。と言ってくれと伝えていました。

兄はわたしに何も言ってこないし実際、相談したのかは知りません。

でも今のところ、母が落ち着いてるところを見ると何か言ってくれたのかな、という気はします。

 

ただ、この障害の診断を受けたよ!と兄に言ったところ、まじ!?俺も当てはまるかも、、と言われました笑


ちなみに、わたしは母も同じ障害だと思っています。遺伝するみたいだしね。




テクノロジーの進化ってほんとにありがたいし、現代に生まれてよかったなってしみじみ思います。

スケジュール管理はいまアプリでできるし、忘れたくないことはメモできるし(忘れるけど)メールでビジネスのやりとり残せるし(電話の内容はほとんど忘れる)

もし昔に生まれたら、少なくとも母世代に生まれてたらどのくらい苦労したか計り知れない。笑




語りすぎたけど近況と障害の話でした。


英語は、ほとんど使っていないけどまた日記とか英語で書いたりしようかなと思ってます。

読んだ本も忘れずに感想かけたらいいな。


それでは失礼いたします。